株の情報と知識を得るセミナー【成功するヒントを公開】

お金

ルールの設定が勝利への道

案内

基本は分散投資

資産運用を始めようと考えている人が陥りやすいのが、一極集中投資してしまい大きく損失を出してしまうことが特徴として挙げられます。また含み損を抱えがちになるのも初心者の特徴です。資産運用の基本ルールは分散投資です。投資商品はすべて同じ動きをするわけではありません。この違いを利用し一つで損益が発生したとしても全体の資産に影響を与えないようにするリスク管理が必要なのです。また年齢によって投資スタイルを変える必要もあります。社会人として収入力がある若い世代はハイリスク商品の割合を高く、退職後など資金を減らすことのできない世代はローリスク商品を中心にするなど元本リスク対策を行う必要があります。利益20%に対し、損切10%などの独自ルールの設定も有効です。

分散投資は別種類で

投資信託や株など資産運用のリスク管理は同じような銘柄に分散投資しても意味がありません。初心者が特に注意すべきことは違った主旨の商品に分散投資することです。投資信託であれば、ハイイールドに何割、リートに何割などというように投資割合を持たせることです。株であれば新興会社への投資が何割、分配金目当てが何割などです。また資産運用する際に損切ラインをその商品ごとに考える必要があります。株であれば終値や移動平均線の上下などの判断です。これをルールと決めたらどんな事情があっても実行させることです。初心者は利益だけに目をとられがちになるため損失を現実にしたとき適正な判断力を失ってしまうことが多いのです。もちろん投資のプロも常に初心者の心を見失わないように投資していく必要があります。